読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南の缶詰

経営オタクの雑記

アニメ界の変容

最近アニメ見れてないんですけどね。
悪の華見ておもしれーなーと思ったので今年のアニメをちょっと振り返ろうかなと思いました。といってもみなみけ進撃の巨人と悪の華くらいですが

冬からみなみけただいま
すごく可愛くなってた。みんなが天使になってる上にキャラが強くなってたから三姉妹での絡みが以前より更に薄くなってるのがちょっと残念だけど仕方ない。周囲を取り巻く環境は刻一刻と変化している。変化を受け入れろ

あとは終わりなきフェスティボゥをまたも展開してくれたことは素直に嬉しいし初めての制作会社にしてブレもせず上手くやってくれたと思う。グッズの売れ行き次第で5期も是非検討していただきたい。以上。中身に触れ始めたら日が暮れる


春から悪の華と進撃の巨人
両方ベクトルの違う絶望を題材としてるんですけど最近の萌え量産形態からちょっと外れた気がするから注目して見てました。
悪の華は絶賛したくない正直。でも何かこういう心情に遠くないものを感じたこともあるという感想から惹きつけられるものを持ってる作品だと思います。別にロトスコープ描写が素晴らしいとは特に思わないけど
あれは原作絵で良かったと思うんだけどももはやアニメ絵見すぎて漫画の絵に違和感しか感じなくなった。あとED後の押見が嫌いです。

進撃の巨人は設定は面白いんだけどもイマイチ目的がはっきりしてない気がする。いや一応"巨人を駆逐する"っていう夢は持ってるけども戦術一つ取ってもなんか微妙な感じが否めない。もっと他にやる方法あるだろっていうフラストレーションが常にある作品
OPは素晴らしかった。フルがなんで素直にしなかったのか分かりませんが・・・

そんなわけでこの作品群が今までの量産型とちょっと区切り付けてる感じかなと思いましたんで書いてます。
量産型萌えアニメでも良いとは思うんです。それなりに需要はありますからね。でも誰得と言わしめる作品は作っちゃいけないんじゃないかなぁと思ったりもしますんですねはい
誰得と言う人が誰にとっての誰得なのかという話もありますがね。
それでも一応アニメとしての結果はやっぱり円盤に反映されると思うのでそこ見たらああやっぱりな・・・と思う作品も結構あったりします。
んで、その誰得作品の中に萌えアニメがよくあるという話でしてね

エロゲ原作でアニメ化してるのは原作ファンがどうしてもくっつくから良し
ラノベ原作は改変によってかなり酷い出来に仕上がる。漫画も同じく
四コマ原作は上手くいけばひだまり化
アニメオリジナルは全て終わってから判断されるリスキーな選択
どれが良いとは一概に言えないんですけどそれでも萌えに走りがちというのが最近の傾向じゃないかなと感じてる昨今であります。
大衆を黙らせることのできるアニメはできるのでしょうか。
とりあえず僕はみなみけ関連さえ放送されれば終始黙ってますが