読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南の缶詰

経営オタクの雑記

対親不知戦 ~終章 歯に至る病 そして~

どうも、昨日の読み物もどきが伸びに伸びまくって舞い上がってる私です。

※あの程度で伸びているとかwwと言ってはいけない。


それを受けてこれまで真面目に更新してなかった日記を連続で更新するような真似は少しみっともないような気もします。が
読者が増えたので一時的にとはいえしっかりと心ぴょんぴょん入れ替えてネタがあれば更新していきたいと思いますよ。
昨日の駄文を読んでくださった皆様。空気を読んで無言でブクマ、コメントをくださった皆様。ツイートしてくださった皆様本当にありがとうございました。また次もよろしくお願いします。

さて本題に入ろう

俺は抜歯のベテランと化した

前々回
歯医者へクリーニングをしに行ったんだが抜歯しろと言われた件 - 南の缶詰
昨日の壮絶な体験談書きました
前回
対親不知戦 ~序章 歯じまり~ - 南の缶詰
親不知との熱き戦いの歴史第一頁

これの続きとなります。
前回の続きを、つまり決戦をやってきました。

クリーニングから始まったこの悪夢。結果から言うとどうやら下の親不知はそれほど深刻な状態にはないとのことで今回は抜歯は見送られました。つまり上の親不知だけでいいのです。

やったね!前回の抜歯全然痛くなかったから今回もサクッとやっちゃってくれドクター!
あんたの腕は最初から信じてたぜ!

それに既に抜歯は一回経験済みだ。本当に痛くないことが分かったから俺で良ければいくらでも抜いていけよ。
※今のピンク色に他意はありません

つまりベテランと化した俺が今更歯医者にビビるわけがない。その心意気が如実に表れたツイートを三つご紹介しよう。






三つ目に至っては血迷っている。しかしこれはアレだ。武者震い的なアレ。決して怖がってなどいない。そう。私はベテラン。いざ行かん。


1355時
到着
5分返せ


1400時
「南さーん」

キタ━(゚∀゚)━!
何が来たかって前回のあの優しそうな看護師だよ。やっぱり俺の推測は狂っていなかったんだね。土曜日の14時。これ鉄板だよ。この人ならいざという時たぶん容赦してくれる。たぶん


診察室入って歯医者来たら即効で施術開始
時間がないのは分かるけど世間話とかするべきだよ緊張解けないじゃないか。
ほらあるでしょ野々村議員の泣き真似対決とかワールドカップでのザッケローニの後半30分以降の采配についての議論とか神戸の美味しいパン屋さんの話とかそこら辺お願いしますよ席キープするからさ。


「じゃあまずは洗浄しますねー」

ありがたくない開幕宣言がなされ、俺は席を倒された。この時の絶望感はきっと誰かとシェアできるはず。

しばらくウインウインされていると口の中に鉄の味が広がった…(こう書くとラノベっぽくなる)

「南さんねー意外と虫歯になりにくい体質(?)な上に奥歯の方磨けてるからねー」

前々回から思ってたけどサラッと酷いこと言ってくんだよねこのオッサンダンディー

( ^ω^) ほうでふか……

「でもこの前の方とかかみ合わせの部分がぜんっぜんだからぜんっぜん。もっとちゃんと磨いてね。ほら歯茎腫れちゃってるでしょほら」

そうやってわざわざ手鏡を俺に持たせて見せながら反論の余地を奪っていく。確かにぐうの音も出ませんよそりゃもう。めっちゃ悔しいっスよ!!


くっそ見てろよ。確かに歯並びは弱レベルだけど歯磨きだけはプロになって見返してやるからね。今度クリーニング行った時に機械突っ込ませる隙もなくしてやるんだから。
そんなことを考えながらも出てきたのはこの言葉だった。

( ^ω^) ふぁい


これが21にもなる男の吐く台詞だろうか。私は情けない。

「じゃ、前と同じ麻酔やりますねー。ちょっと我慢してねー」


される。
ちょっと刺す場所迷う

何故か一回誤射で刺される


( ^ω^) 前の命中率どうしたんだよww


うぉっと間違えたじゃねえよwww


それでもまあ何とか見事に発射されてしばらく放置されていました。


その間にもう一件の案件こなしてたんでやっぱすげぇとか思いながら明石家さんまさんの出てるバラエティー見てたんですけど抜歯の恐怖期待に打ち震えていたので内容が頭に入ってきませんでした。

「ほなやろか」

男らしい一言で俺は腹を括りました。これさえ終わればあとは虫歯治療これさえ終わればとは虫歯治療

前回と同じく動く機械は突っ込まれず静かに器具だけを入れられる。
ガシッと歯を掴まれる感覚


ミシッというあの音

でも今回は一回じゃなかった。
どうやら少しズレたらしい。
前回よりもちょこっとだけ痛みが走った。そこで俺は持ち前のオーバーリアクションを遺憾無く発揮することにした。

( ^ω^)・∵ オゥンッフッ



しかし医師、華麗にこれをスルー。
プロとしての威厳の高さを示してくれます。
そうじゃなくて痛みが走ったら教えてねとか言ってたじゃない!あの言葉はウソだったの!?

でもそれも一回ミスっただけで難なく終わり、俺の上側からは親不知が綺麗に無くなりました。L、僕の勝ちだ……。

取られた親不知には1ミリ大の穴が空いてました。誰だよ許可なく突貫工事始めた奴は。

「これで一応は終了です。あとはまぁちょっと黒いとこを塗るくらいでいいんじゃないでしょうかね。」

ありがとうドクター
ドクターのことは一生忘れないぜ。次は俺の口内を見てビビらせてやるからな…ま、いつになるか分からないんだけどなハハハ


「次回は二週間後になります」






え?




終わり
最後に歯医者から解放された男の一言貼って終わります。


思った以上に長くなった上に気の利いた画像も貼れなかった辛いminami5741でした