読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南の缶詰

経営オタクの雑記

仕事終わりのゲーセンが凄まじくストレス発散になる

お題「ちょっとした贅沢」

お題スロットとかいうのを見てお題が『スロット』なのかと思ったけど違ったminami5741でございます

まぁちょっとした贅沢と言っても一回あたり2000円くらいはかかるんですけどやっぱり学生時代にハマったゲーセンは社会人になっても封印されることはありませんでしたね。
特に平日の夜で人があまりいない状態でやるゲームはまさしく至福の時。あっという間に時間がすぎるあの感じは自分が幼かった時代に夢中になったナニカを思い出させてくれます。仕事ばっかりやってたら人間ダメになるんだよきっと。まぁ私のようにゲーセンばっか通っててもダメになるんだろうけどねw

音ゲー三年目に突入しますが

あんまり上手くなっていません。二年目くらいに一気にレベルがあがったところで打ち止め状態になっています。スランプとかではないんですけどいまいち人間の領域を越えられない。私はまだ人間の領域でしか勝負できないのでたまにマッチングする人間卒業勢とは一切張り合えません。残念無念。
しかし少しマンネリ化してきた昨今。他の機種に手を出したりあるいはメダルゲーという新しいカテゴリに浮気してみたりもしましたがゲーセンに行って一番最初にやるのはやっぱりやり慣れた音ゲーであって、やっぱりその辺でゲーセンに行く動機になる根幹を形成しているんだろうなと思います。ちなみにメダルゲーはカイジ見てやりたくなりました。先輩とお金折半してやりました。ジャックポッド出ました。それ以来ほとんどやってません。人とやるゲームですねあれは

ゲームの面白さをもっと日常に

しかしゲームの面白さをもう少し仕事や勉強に反映させられたらと思いますね。もっと言うとゲームに対する集中力をもう少しこっちの方に向けたいわけですよ。面白さがあればそれも必然的に起きてくるかなと思うんですけどゲーム性を出すのはやはり一人では限界があります。誰か対戦相手あるいは協力プレイヤーがいてこそ成り立つもので
実現に漕ぎ着けるのには人間の領域にとどまっているようではいけませんね。そうなんです。今日この記事で一番言いたいことそれは

みんな人間卒業目指そう

人間として働き人間として勉強して人間として生活しているようじゃワクワクしたゲームのような世界で過ごすことは難しいんです。たぶん
だからそこから解脱してゲーマーとしての人生を一緒に歩もうではありませんか。何せこの世界いやこの日本という国はとかくストレス社会というくそつまらん概念で占められた状態で社会に出なければいけません。お前ら何を好き好んでそんなストレスの交換市場開いてやがんだバカじゃねえのかと言いたくもなるような惨状であります。我々が過ごしやすい環境を作るには皆がゲーマーのような思考を持つしかありません。協力前提でクリアを目指しその最適解を探る姿勢を共有出来ればシナジー創出に一役買いそうだと思うので出来ればそういう方向に企業全般がシフトしてくれたらなぁと思う次第です。
それまではしばらくちょっとした贅沢の範囲でゲームを楽しもうと思います。

世界がゲームになったら起こして……ZZZ。

最後に一言。まだ人間のみんなへ。
f:id:minami5741:20151029223435p:plain

先に向こうで待っているぜWRYYYYYYYYYYYYYYYY

minami5741でした